【実績15000台】千葉県成田市の板金塗装・キズへこみ事故車の修理


ハマー・H2の車検とツインモニターの取り付け加工です。


無料見積・ご相談はお気軽に0479-78-1640までご連絡ください。
[営業案内] [修理事例] [お客様の声] [車検整備] [工場設備]
[スタッフ紹介] [新車半額] [ステッカー作成] [会社案内] [お問合せ]
ハマー H2 の車検と内装の改造で入庫しましたこのお車、かなり
大きく約、幅が2130mm・全長が5180mmと とにかく大きい車です。
まずは、車検整備から はじめ消耗パーツなど交換しエンジンオイル・ブレーキオイルなど交換致し、車検整備の完成です。

次に、内装の改造に入ります。
お客様の要望で、センターコンソールのナビが付いている場所に10インチのモニターを埋め込み、そのナビを下のエアコントロールパネルの位置に移動取り付け、エアコントロールパネルもセンター肘掛下の小物入れに移動取り付けたい とのご依頼です。

まず、センターパネルをはずし、分解して細かな配線のチェックをしながら取り付け位置を確認します。

↓の写真は、もともとの純正配線コネクターです。
今回、エアコンの操作パネルが2mほど元の位置より後方に取り付ける為
配線を1本1本延長して製作していきます。(けっこう地味に大変な作業です)

そして、メインのパネルの加工に入ります。
↓のような、パネルの幅ギリギリの大型モニターを加工し取り付けて行きます。

次に、パネルにモニターが付く場所をカットして大体イメージの形にします。
樹脂パテなどを使い形を整えて成型していきます。

大体、形になってきました。
何回か実車に取り付け、ナビの取り付け位置を決めてパネルの下処理完成です。

↓の写真は、エアコンの操作パネルを取り付ける純正の小物入れを加工しています。

次に、加工したパネルを予めお客様と打ち合わせしたラップ塗装でウッド調にペイントしていきます。
まず、下色の黒を塗装します。

次に調色したシルバー(ガンメタ)を塗り、すぐラップしてこのような模様にします。

その他の関連パネルも一緒にペイントしました。

トップコートペイント後、組み付けて仕上がりです。
パネルのすき間やラップ塗装の質感は、純正でもともとあったかの様に仕上がりました。

↓エアコンの操作パネルも綺麗に収まりました。